相談累計  65,640 (2019年8月9日現在)

できるだけ固定電話でおかけください

✆ 0120-956-119

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

できるだけ固定電話でおかけください

0120ー956ー119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例41:両側変形股関節脱臼に社会的治癒を申し立て受給
(変形股関節脱臼)

傷病名  変形股関節脱臼
年金の種類  障害厚生年金
等級  3級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  46歳・女性

 請求人は、勤務中であるため医療機関などには行っている時間的余裕がないため、すべて社労士に委託したいとの意向で障害年金支援ネットワークに相談された方で、すべてがスムーズに進んだ事例でした。

 面談時の本人によると、自身の記憶はもちろんないが、亡母が話してくれたところによると、生後すぐ先天性股関節脱臼を告げられ、大きな病院に通院、数か月はギプス装着で過ごしたが、その後は何事もなく「初診日に関する調査表」もすべて「なし」と書ける状況でした。通常なら初診証明も第三者証明も取得不能の20歳前障害、初診日特定不能で、不支給となる事例と考えられました。

 それが36歳に至って初めて激しい痛みに襲われて受診したら、両側変形股関節症と診断され、痛み止めの処置でしばらく観察しましょうとのことで終診になりました。

 幸いこの病院にカルテが残っていたため初診証明が得られ、先天性ではあるが30数年間受診の必要もなく、学業生活・日常生活・勤務生活のすべての面で不都合はなかったことを主張、社会的治癒の申し立てをし、厚生年金の被保険者時の初診で事後重症請求(認定日時は観察期間で受診なし)をし、請求から1か月半の短期間で3級認定に至りました。

 

担当社労士 I.T(新潟県)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)
※できるだけ固定電話でおかけください

講師派遣・セミナー・相談会

2019年3月24日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、

イベント「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

2019年2月27日
茨城県つくば市の『ごきげんファーム茎崎』さまからご依頼を受け、職員と利用者の方々に向けたセミナーを行いました。
勉強会を行う女性社労士の写真
2019年2月2日
『宮城県立気仙沼支援学校』さまからご依頼を受け、保護者の皆さまに向けてセミナーと個別相談会を行いました。
2019年1月29日
『奈良県障害者社会参加推進センター』さまからご依頼を受け、障害者及びその家族の皆さまに向けて講演を行いました。
講演を行う男性社労士の写真
2018年12月26日
『NPO法人杉並福助会』さまからご依頼を受け、精神障害者の就労支援活動をされている同法人スタッフの皆さまに向けて勉強会を行いました。