相談累計  52,836 (2018年4月25日現在)

 ご相談はフリーコール(無料)
0120-956-119
受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

障害年金とは

障害年金の概要

 障害年金とは、厚生年金保険、国民年金、共済年金すべての方を対象に支給される年金のひとつです(共済年金は2015年(平成27年)10月に厚生年金保険に統合)

 交通事故で障害者になった人や生まれつき知的障害(精神遅滞)があるような人ばかりでなく、あらゆる病気やケガが障害年金の対象になります。詳細は障害年金の対象となる傷病名を参照ください。

障害年金の額

障害基礎年金の額

障害等級 年金額/月額
障害基礎年金1級 年間 約97万5千円/月額 約8万1千円
障害基礎年金2級 年間 約78万円/月額 約6万5千円
障害基礎年金の子の加算

18歳年度末(高校卒業時)までのお子さんがいる場合は子の加算が付きます。

子どもが障害等級2級以上であれば、子の加算は18歳年度末から20歳まで延長して支給されます。

子の数 年金額/月額
1人目、2人目の子 1人につき 年間 約22万円/月額 約1万8千円
3人目以降の子 1人につき 年間 72千円/月額 6千円

障害厚生年金の額

障害等級 障害厚生年金の額
障害厚生年金1級 平均標準報酬額×[5.481÷1000]×被保険者期間の月数×[125÷100]+配偶者加給年金額
障害厚生年金2級 平均標準報酬額×[5.481÷1000]×被保険者期間の月数+配偶者加給年金額
障害厚生年金3級 平均標準報酬額×[5.481÷1000]×被保険者期間の月数

※被保険者期間の月数が300に満たないときは300とします。

障害厚生年金は、その人の平均標準報酬額(厚生年金保険料の計算の元となる額)や厚生年金に加入していた期間などによって年金額は変わります。

障害厚生年金3級には、最低保証額(年間約58万円 / 月額約4万8千円)があります。

配偶者加給年金

配偶者がいる場合は配偶者加給年金額が付きます。

ただし、障害厚生年金3級の人には配偶者加給年金はありません。

障害等級 年金額/年金月額
1級・2 年間 22万円/月額 18千円
3 なし

障害年金の請求の仕方

障害年金の請求の仕方には、次の4つの方法があります。ただし、④は国民年金に限られます。

①障害認定日請求

②事後重症請求

③初めて2級の請求

20歳前の初診による請求

 

①障害認定日請求

 初診日から1年6月経過した日、あるいは、それ以前の「治った日」の障害の程度が障害等級に該当しており、他の要件を満たしていれば、その日以降いつでも請求手続きができることになり、障害認定日の翌月分から障害年金が受給できます。

 この請求では、たとえ請求の時期が大幅に遅れても、年金は最大5年分を遡及して受給できます。

 

②事後重症請求

 障害認定日には障害の程度が軽くて障害等級に該当しなかったが、その後該当するようになったときは、そのときから障害年金の請求ができます。事後重症請求の場合の年金受給は、請求手続きを行った翌月分からで、遡及して受給することはできません。

 

③初めて2級の請求

 この請求は、すでに障害のある人がさらに障害を負ったことによって、それらの障害を併合して初めて2級に該当する場合に請求するものです。
 この場合、受給権が発生するのは複数障害の併合の結果2級に該当したときですが、実際に年金を受給できるのは、請求手続きを行った月の翌月分からになります。

 

④20歳前の初診による請求

 初診日が20歳前で、どの年金制度にも加入していなかったときは、原則として、20歳に達した日、または、その後に障害等級に該当している場合は、国民年金から障害基礎年金が支払われます。

 

※以上のことは原則です。これらに当てはまらない場合でも、障害年金が受給できる場合があります。
決してご自分の判断で終わらせず、ぜひ障害年金支援ネットワークにお電話ください。

 

ご相談はフリーコール(無料)

0120-956-119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日
 10~16時(12~13時は除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2018年3月15日
『NPO法人 大阪医療ソーシャルワーカー協会』さまからご依頼を受け、協会会員である支援者の皆さまに向けて講演行いました。
NPO法人大阪ソーシャルワーカー協会の勉強会で講演を行う井上健士会員
2017年2月21日
『茨城県・鹿島市役所生活福祉課』さまからご依頼を受け、ケアマネージャーの皆さまに向けて勉強会行いました。
2016年7月30日
東京八重洲ホールにて、障害年金の受給を支援する社会保険労務士の皆さまに向けてセミナーを開催しました。
東京で開催したセミナーの写真