相談累計  65,640 (2019年8月9日現在)

できるだけ固定電話でおかけください

✆ 0120-956-119

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

できるだけ固定電話でおかけください

0120ー956ー119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例48:死亡後の受給決定は、とても切ない
(骨肉腫)

傷病名  骨肉腫(骨のがん)
年金の種類  障害厚生年金
等級  2級
請求方法  認定日請求(遡及)
年齢・性別  50歳・男性

 受任時にすでに歩行困難により車椅子の状態で、2級相当と判断しました。

 がんという病気の性質上、時間との戦いになることが予想されたため、迅速な手続きを行うべく着手しました。

 依頼人からの聞取りの結果、遡及の可能性があったので、医師に面談し障害認定日の診断書を記載いただくことができ、診断書は比較的スムーズに取得できたものの、初診病院の特定と受診状況等証明書の取得に時間がかかっている間に依頼人が急変し亡くなられてしまいました。

 そのため、依頼人の妻から、請求手続きは中断して欲しいとの連絡があり、あと受診状況等証明書だけ揃えばというところで一旦中断することとなりましたが、診断書の内容から未支給年金として受け取れる可能性があるので、申請してみることを促し申請した結果、約3年分の遡及を含めた2級の障害厚生年金が支給されることとなりました。

 依頼人の妻は、このように障害年金が遡求して支給されるということを全く知らず、一度は請求自体が出来ないとさえ考えてしまっていたので、この結果についてはたいへん驚かれたとともに、とても喜ばれたものと思います。

 がんという病気は、障害年金において色々な問題点が多いですが、私が担当したがんによる障害年金の請求は、半数以上の方が受給を待たずして、又は、受給決定しても初回振込を待たずして、実際に旅立たれてしまっており、時間との戦いに敗れてしまったという敗北感というか、なんとも言葉では表現しにくいとても切ない感じがします。

 これからも、その様な依頼人の願いに少しでも応えるためには、正確で迅速な手続きをすることしかないと自分に言い聞かせながら、一人でも多くの依頼人の期待に叶うよう努力したいと思います。

 

担当社労士 K.I(大阪府)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)
※できるだけ固定電話でおかけください

講師派遣・セミナー・相談会

2019年3月24日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、

イベント「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

2019年2月27日
茨城県つくば市の『ごきげんファーム茎崎』さまからご依頼を受け、職員と利用者の方々に向けたセミナーを行いました。
勉強会を行う女性社労士の写真
2019年2月2日
『宮城県立気仙沼支援学校』さまからご依頼を受け、保護者の皆さまに向けてセミナーと個別相談会を行いました。
2019年1月29日
『奈良県障害者社会参加推進センター』さまからご依頼を受け、障害者及びその家族の皆さまに向けて講演を行いました。
講演を行う男性社労士の写真
2018年12月26日
『NPO法人杉並福助会』さまからご依頼を受け、精神障害者の就労支援活動をされている同法人スタッフの皆さまに向けて勉強会を行いました。