相談累計  78,802 (2020年9月25日現在)

固定電話からは  0120956119       

携帯電話からは 0570028115 (通話料有料)

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

固定電話からは 0120956119                      

携帯電話からは 0570028115  (通話料有料)

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例66:心疾患で障害年金2級
心疾患の認定は非常にハードルが高いと実感

傷病名  解離性大動脈瘤、マルファン症候群、ロイス・ディーツ症候群
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法  事後重症
年齢・性別  46歳・女性

事例の概略

 12年前、突然胸痛、背部痛があり、A病院へ救急搬送。胸部から足の付根までの大動脈解離と診断され、緊急のために弓部大動脈のみ人工血管置換術を受けました。

 A病院から約2年後、他の部位の手術が必要になり、ステントグラスト手術が受けられる病院を自身で探し、数度の手術を受けています。

 平成267月頃、自身で心不全を疑い、F病院を受診し、手術を受けた合併症による心不全と診断されました。

 平成30年8月、皮膚を切り取り、海外の医療機関へ検査依頼した結果、マルファン症候群、ロイス・ディーツ症候群と診断されました。

請求までの経緯

 数年前から、年金事務所に相談されていました。窓口の担当者は親切に対応していたようですが、その時は3級程度とされ、初診日が国民年金のために障害年金を請求するまでには至りませんでした。

 その後の経過から、受給の可能性があると思い、当時の年金事務所の窓口担当者に相談しようとしたが既に担当者は退職されていました。

 このため、障害年金支援ネットワークに電話され、私が担当することになりました。

請求の結果

 障害認定基準で2級とされている基準(異常検査所見2つ、病状をあらわす臨床所見5つ、一般状態区分(ウ))に辛うじて該当していましたので、障害基礎年金2級に認定されました。

感想

 依頼者が、体の負担のない手術等のため最良の方法を調査、実践されたことに感服しました。

 障害年金で、一定の所得保障が確保されましたので、確定した傷病の治療を優先しつつ、無理のない暮らし方、働き方ができればと思います。

 また、これだけの持病があってもギリギリの認定で、ハードルの高さを感じました。

担当社労士 H.H(群馬県)

一人で悩まず ご相談ください

固定電話からは
0120956119

携帯電話からは
0570028115 (通話料有料)

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2020年9月4日

渋川特別支援学校』さまからご依頼を受け、保護者の皆さまに向けてセミナーを実施しました

2020年8月20日

小田原市生活支援課保護係』さまからご依頼を受け、生活保護に携わっている職員の皆さまに向けて勉強会を行いました

宮崎県身体障害者団体連合会の研修会で講演する会員の写真
2020年2月18日

『一般社団法人 宮崎県身体障害者団体連合会』さまからご依頼を受け、障害をお持ちのピア相談員の皆さまに向けて講演を行いました

宮崎県身体障害者団体連合会の研修会で講演する会員の写真
2019年12月18日

東京都江戸川区の『松江第五中学校 特別支援学級』さまからご依頼を受け、中等部の教員の皆さまに向けて講義を行いました

2019年11月21日

『東京都大田区保健所』さまからご依頼を受け、統合失調症患者のご家族に向けてセミナーを行いました