相談累計  96,085(2022年9月30日現在)

固定電話からは  0120956119       

携帯電話からは 0570028115 (通話料有料)

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

 固定電話からは 0120956119                      

 携帯電話からは 0570028115  (通話料有料)

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例70:慢性閉塞性肺疾患で障害基礎年金2級が認定

傷病名  慢性閉塞性肺疾患
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法    事後重症請求
年齢・性別  63歳・男性

病状の経過

 平成22年4月頃、喘息症状により息苦しくなったため、某クリニックを受診されました。そこでは詳しいことは分からず、総合病院へ紹介されました。精密検査の結果「慢性閉塞性肺疾患」の診断名を言われます。

 その後、初めて診療を受けたクリニックで治療を続けますが、日に日に呼吸困難が続くようになります。階段の上り下りや重い物を持ち上げることが困難になり、少し動いただけでも休憩しなければ次の動作に移れなくなりました。動作をする都度、横になるなどして、自営の仕事は何とか続けていました。

 その後も息苦しさが増し、頻繁に呼吸困難が続くようになったため、クリニックの医師に相談したところ、専門診療科のある医療センターへ転院することになりました。

 医療センターでは、病状の進行がみられることから、酸素処方を受けるようになります。

 身体の抵抗力も弱くなり、肺炎を併発したために10日ほど入院し、その後は、酸素ボンベを携帯することが必須となりました。

 令和元年になると頻繁に眠気が襲うようになり、更に息苦しさが増すようになったため、入院を勧められました。令和21月に入院しましたが、そこで症状が急変して意識障害を起こしました。

 ICU CO2ナルコーシスと診断されます。心臓、肺臓ともに弱って幾度となく生死をさ迷うことがありました。5か月ほどで退院することができましたが、一人で身体を自由に動かすことが困難になりました。

 主治医の勧めもあり、自営の仕事は廃業し、以降、通院するときは家族からの援助により、また、定期的に訪問看護受けるようになりました。

診断書を取得する

 令和2年9月、ご自宅へ伺って面談させていただきました。お話をお聞きしたところ、初診日は平成22年4月です。障害認定日頃の症状は障害等級2級に該当しない程度でしたので、事後重症請求として進めることにしました。

 呼吸器疾患の診断書を確認したところ、「予測肺活量1秒率」「動脈血ガス分析値」などが高度異常値、酸素吸入を施行で、在宅酸素吸入方法であると記載されていました。「一般状態区分」では(エ)となっていました。

障害基礎年金2級として決定

 令和210月に障害基礎年金の裁定請求を行ったところ、令和31月に年金証書が届きました。予想より早い審査結果であったと思います。

 審査では、「予測肺活量1秒率」「動脈血ガス分析値」の高度異常値や、在宅酸素吸入、「一般状態区分」などの記載がポイントになったのではないかと推測できます。

 いずれにしましても、障害等級2級を受給でき大変良かったと思います。

担当社労士 T.T(長野県)

一人で悩まず ご相談ください

固定電話からは
0120956119

携帯電話からは
0570028115 (通話料有料)

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2022年8月20日

九州・沖縄の全8県で『障害年金無料セミナー&個別相談』を開催しました。

九州沖縄セミナー&個別相談の様子
2022年7月29日

新潟県立西蒲高等特別支援学校 PTA進路部』さまからご依頼を受け、保護者や教職員の皆さまに向けて、障害年金セミナー行いました。

新潟県立西蒲高等特別支援学校で開催した障害年金セミナーの様子
2022年5月28日

NPO法人み・らいず2』さまからご依頼を受け、知的障害児を持つ保護者の皆さま等に向けて、障害年金のオンライン講演を行いました。

2022年3月13日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

2022年2月24日

『福岡県古賀市 福祉課』さまからご依頼を受け、古賀市内及び近隣の障害福祉サービス事業所の職員の皆さまに向けて、学習会を行いました。

2022年2月15日

『練馬手をつなぐ親の会』さまからご依頼を受け、高校生の知的障害児を持つ保護者の皆さまに向けて障害年金セミナーを開催しました。

練馬手をつなぐ親の会セミナーの様子