相談累計  57,475 (2018年12月14日現在)

 ご相談はフリーコール(無料)
0120-956-119
受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

事例38:日常生活の不自由さを反映してもらえる
診断書作成が大切!
(パーキンソン病)

傷病名  パーキンソン病
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  60代・女性

 ご自身で障害基礎年金を請求されましたが不支給となり、ご相談がありました。内容を確認すると、自身の日常生活の不自由さが反映されていない診断書で、そのまま裁定請求されていました。

 依頼人は、病院を変更することに踏ん切りがつかなかったため、当職も日常生活の状況を説明した資料を持って病院に同行し、再度同じ主治医に診断書作成を依頼しましたが、全く同じ内容の診断書ができあがってきました。

 依頼人は、自分のことを何も理解してくれない主治医に対し転院を決意。新たな主治医に診断書作成を依頼したところ現状を反映する診断書ができあがり、再請求をしました。

 結果、障害基礎年金2級に決定しました。

 依頼人は、年金も認めてもらえたし、薬漬けの治療から薬を減らしていく治療の主治医に転院できたため、本当に喜ばれていました。

 

担当社労士 A.T(大阪府)

ご相談はフリーコール(無料)

0120-956-119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日
 10~16時(12~13時は除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2018年11月11日
江戸川区精神障害者家族の会『かたくりの会』さまからご依頼を受け、精神疾患を持つ方のご家族に向けて勉強会を行いました。
2018年11月5日
『就労支援センターMEW』さまからご依頼を受け、利用者さんや職員の方達に向けて勉強会を行いました。
2018年9月7日
『東京都北区役所 障害福祉課』さまからご依頼を受け、障害福祉課の相談員の皆さまに向けて講演会を行いました。
2018年7月28日
新大阪丸ビルにて、障害年金の受給を支援する社会保険労務士等の皆さまに向けてセミナーを開催しました。
新大阪セミナーの風景
2018年6月24日
『茨城県立境特別支援学校 同窓会』さまからご依頼を受け、同窓会会員保護者の皆さまに向けて講演会を行いました。