相談累計  63,076 (2019年6月17日現在)

 ご相談はフリーコール(無料)
0120-956-119
受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

事例28:脳血管疾患による障害認定
(左被殻出血後遺症)

傷病名  脳血管障害(左被殻出血後遺症)
年金の種類  障害基礎年金
等級  1級
請求方法  障害認定日請求(遡及)
年齢・性別  60歳・男性

 国民年金法30条によれば障害認定日は「初診日から16か月を経過した日」とされています。ただし、同条では、初診日より16か月の期間内にその傷病が治った(その傷病が固定し治療の効果が期待できない状態に至った日を含む)ときはその日として定めています。脳血管疾患については、但し書きのいわゆる、認定日特例が認められ6か月を経過し症状固定が認められれば、この時点で障害年金の請求が可能となっています。注意したいのは、初診日より6か月経過すれば無条件で認められるものではないことです。

 本件も初診日より6か月経過時点を認定日として請求しましたが不支給決定となり、審査請求をして認められた案件です。平成21年請求当時、医師会において1年程度の間は改善の症例もあることより、症状固定判断は1年は経過をみると言う意思統一のもと、本件請求人はリハビリを受けているので症状固定は認めないとの不支給理由でした。

 このときに、当方が審査請求で述べた考えが、本人が受けていたリハビリとはどういうものであったかということです。リハビリは大きく2つの目的があること。1つは、本人の回復を期すものであること。もう1つは、回復を見込めぬ方が介護を受けるにあたって、その労力を軽減する目的で行うもの。請求人の場合、介護軽減リハビリであることをリハビリ計画書等で主張し認められたものです。その後、脳血管疾患の認定日特例で不支給となるケースが多発したことを思うと感慨深い案件です。

 

担当社労士 T.N(三重県)

ご相談はフリーコール(無料)

0120-956-119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)
 ※できるだけ固定電話からおかけください

講師派遣・セミナー・相談会

2019年3月24日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、

イベント「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

2019年2月27日
茨城県つくば市の『ごきげんファーム茎崎』さまからご依頼を受け、職員と利用者の方々に向けたセミナーを行いました。
勉強会を行う女性社労士の写真
2019年2月2日
『宮城県立気仙沼支援学校』さまからご依頼を受け、保護者の皆さまに向けてセミナーと個別相談会を行いました。
2019年1月29日
『奈良県障害者社会参加推進センター』さまからご依頼を受け、障害者及びその家族の皆さまに向けて講演を行いました。
講演を行う男性社労士の写真
2018年12月26日
『NPO法人杉並福助会』さまからご依頼を受け、精神障害者の就労支援活動をされている同法人スタッフの皆さまに向けて勉強会を行いました。