相談累計  58,881 (2019年2月21日現在)

 ご相談はフリーコール(無料)
0120-956-119
受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

事例39:障害年金の周知を!
(うつ病)

傷病名  うつ病
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  37歳・女性

 Tさんは、28歳頃、不安感、動悸、冷汗が急にくるパニックが発作、出現するようになりました。その後、カギの確認や火の確認などの確認行為が目立ってきました。そして、先手強迫もひどくなり、医療機関を受診しました。

 その後、約9年間受診していましたが、症状は悪化し、薬物療法、支持的精神療法を行っていました。しかしその間、医療機関からは障害年金の話は出ることはありませんでした。そんな時、支援者(家族会、医療機関の人でない方)に巡り合ったのです。

 支援者の方も障害年金のことは全く知りませんでしたが、以前、障害年金のことが書かれたハガキをもらったことを思い出し、Tさんのために障害年金支援ネットワークに電話されました。

 担当社労士となった私はTさんと支援者の方と面談し、障害年金を請求することになりました。

 初診日の確認と、傷病の状態を十分把握するために、Tさんと初診の医療機関を訪問、その結果、初診日を確定することができました。

 日常生活能力の判定項目についても十分に聞き取りを行い、文章にまとめ、障害年金の診断書(精神の障害用)記載要領ともに、医師に診断書の作成を依頼することになりました。

 結果、医療機関からはTさんの病状を反映した診断書が作成され、数か月後、障害年金の受給が決定しました。

 支援者の方の行動によって、障害年金を知らなかった人を動かすことができ、大変喜んでいただけました。

 もっともっと、医療機関、家族会などに障害年金という制度の周知拡大を行い、障害年金に該当される人に支援を行うことが必要と思いました。

 

担当社労士 Y.K(埼玉県)

ご相談はフリーコール(無料)

0120-956-119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日
 10~16時(12~13時を除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2019年2月2日
『宮城県立気仙沼支援学校』さまからご依頼を受け、保護者の皆さまに向けてセミナーと個別相談会を行いました。
2019年1月29日
『奈良県障害者社会参加推進センター』さまからご依頼を受け、障害者及びその家族の皆さまに向けて講演を行いました。
講演を行う男性社労士の写真
2018年12月26日
『NPO法人杉並福助会』さまからご依頼を受け、精神障害者の就労支援活動をされている同法人スタッフの皆さまに向けて勉強会を行いました。
2018年11月11日
江戸川区精神障害者家族の会『かたくりの会』さまからご依頼を受け、精神疾患を持つ方のご家族に向けて勉強会を行いました。
2018年11月5日
『就労支援センターMEW』さまからご依頼を受け、利用者さんや職員の方達に向けて勉強会を行いました。