相談累計  71,916 (2020年1月21日現在)

固定電話からは  0120956119       

携帯電話からは 0570028115 (通話料有料)

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

固定電話からは 0120956119                      

携帯電話からは 0570028115  (通話料有料)

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例52:心疾患の初診日は慎重に
(慢性心不全、ファロー四微症(術後))

傷病名  慢性心不全、ファロー四徴症(術後)
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  57歳・女性

経過

 先天性の心疾患「ファロー四徴症」のため小・中学校時代に複数回手術を受けていた。その後体調は良好で短大卒業後、医療機関で勤務し何ら問題なかった。

 25歳で結婚し間もなく子供2人を出産する。31歳位からパートとして働き始めた。

 私生活ではママさんグループで球技を楽しんでいたが、48歳時に突然球技中に倒れ、O病院に救急搬送される。心不全と診断されてカテーテル手術を受ける。

 その後は継続して慢性心不全として治療するが、徐々に悪化し入退院を繰り返す。

 要介護状態となり入院し、平成30年4月に初診日平成20年6月で事後重症請求をする。

問題点

 5月末になり届書返戻され、理由は「慢性心不全」は「ファロー四徴症」とは因果関係がありファロー四徴症の初診日の整備を願いますとのことでびっくりしました。

 致し方ないので、初診日平成20年6月時の発行済み受診状況等証明書への医療機関での加筆、小・中学時代の学友2名の第三者証明の入手、プラス出生時からの病歴就労状況等申立書を添えて返送する。

結果

 平成30年8月2日付けで障害基礎年金2級15号の年金証書が届く。

 反省点として、初診日は、心疾患に関連するものは幼少時からも含め社会的治癒も考えに入れ、慎重に考えなければならないことを痛感した。

担当社労士 K.K(岐阜県)

一人で悩まず ご相談ください

固定電話からは
0120956119

携帯電話からは
0570028115 (通話料有料)

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2019年12月18日

東京都江戸川区の『松江第五中学校 特別支援学級』さまからご依頼を受け、中等部の教員の皆さまに向けて講義を行いました

2019年11月21日

『東京都大田区保健所』さまからご依頼を受け、統合失調症患者のご家族に向けてセミナーを行いました

2019年10月26日

『秋田県知的障害児者サポート協会』さまからご依頼を受け、これから障害年金を請求する方を対象として、セミナー及び個別相談会を行いました。

勉強会を行う男性社労士の写真
2019年10月19日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、

イベント「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

2019年10月17日

『特定非営利活動法人 吉野コスモス会』さまからご依頼を受け、職員の皆さまと障害者のご家族に向けた勉強会を行いました。

勉強会を行う男性社労士の写真