相談累計  88,356 (2021年9月17日現在)

固定電話からは  0120956119       

携帯電話からは 0570028115 (通話料有料)

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

 固定電話からは 0120956119                      

携帯電話からは 0570028115  (通話料有料)

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例75:アルコール依存症も障害年金の対象となります

傷病名  アルコール依存症
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  50代・男性

事例の概略

 10代の頃より飲酒歴がありました。飲酒が習慣化し、酒量が増えたのは、20歳代半ばよりスナック経営を始めてからで、連続飲酒から記憶を失うほどの量によって、異常興奮から暴行、錯乱状態、飲酒運転事故、暴力沙汰による警察介入など事件が多発しました。

 支援者のアドバイスによって病院を受診したところ、初診時よりアルコール依存症の診断となりました。

請求までの経緯

 初診からの病歴は20年以上と非常に長く、治療と向き合っては挫折を繰り返していました。

 ヒアリングからはすでに障害等級に該当していることは推測できました。幸いにも初診以降のカルテはすべて残っており、受診状況等証明書の入手も問題はありませんでした。

 ただ、現在治療中の病院の医師はアルコール依存症が請求傷病となるものの、実際に請求して受給に至ったことはなく、手続きをしても障害年金を受給できるかどうかについては懐疑的で、診断書の作成にも消極的でした。

苦労したこと 工夫したこと

 依頼者を通じて診断書作成の主治医に対し、過去にアルコール依存症で受給できたケースを案内し、障害認定基準を示して対象となる傷病であること、依頼者の現在の障害状態を適切に診断書に落とし込んで整備してもらえるようお伝えしました。

 なお、「受診時に酩酊状態であった」と、障害の程度の見極めに疑義をもたれることはないか確認しました。

 仕上がった診断書の請求傷病名は「アルコール依存症」となっていました。アルコール依存症の他に病名の併記はありませんが、日常生活に著しい支障があり、ガイドラインの目安等級もおおむね2級に相当する内容でした。

 この案件以前にも「アルコール依存症」の単一病名で障害年金が支給された実績があったため、不安要素は少なく受付に持ち込むことができました

請求の結果

 無事2級16号で支給決定となりました。

感想など

 禁止薬物使用等による慢性中毒とは異なり、アルコール依存症による障害年金請求では現在のところ給付制限もありません。

 とはいえ、障害の自己招致、自業自得的な国民目線から、請求自体への疑問や請求のための診断書作成に二の足を踏むような主治医もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、障害認定基準でも「精神作用物質使用による精神障害」として定められており、単一傷病名「アルコール依存症」でも受給でき、制度間の格差もないものと思われます。

担当社労士 K・T(山梨県)

一人で悩まず ご相談ください

固定電話からは
0120956119

携帯電話からは
0570028115 (通話料有料)

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2021年8月26日

NPO法人 Flat・きた』さまからご依頼を受け、大阪府東淀川区の相談支援専門員の皆さまに向けて、オンラインで勉強会を行いました。

2021年8月17日

『シャローム港南』さまからご依頼を受け、就労継続支援B型事業所の利用者さまに向けて、オンラインでセミナー・個別相談会を行いました。

2021年6月9日

『日野市社会福祉協議会』さまからご依頼を受け、日野市障害福祉サービス事業所の職員さまに向けて、オンラインで勉強会を行いました。

2021年5月18日

『特定非営利活動法人 さざなみ会』さまからご依頼を受け、職員の皆さまに向けて、勉強会を行いました。

2021年3月21日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

北九州中央高等学園で講演する会員の写真