相談累計  70,620 (2019年12月10日現在)

できるだけ固定電話でおかけください

✆ 0120-956-119

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

できるだけ固定電話でおかけください

0120ー956ー119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例31:在職中の初診日を発見して障害厚生年金を受給
(多系統萎縮症(オリーブ小脳委縮症))

傷病名  多系統萎縮症(オリーブ小脳萎縮症)
年金の種類  障害厚生年金
等級  2級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  57歳・男性

 退職された後の平成2611月に多系統萎縮症の初診を受けた患者様の相談でした。

 お電話によると、主治医に障害年金の事を聞いたら「今は杖で動けるので車椅子にならないと障害年金はもらえない」と言われているが、多系統萎縮症は難病指定にされており、急速に症状が悪化する病気と聞いているので、単身生活のため、車椅子生活になってからでは的確な障害年金相談もできなくなるので、先の話になるが、身体が動けるうちに障害年金のお願いをしておきたい、との切実なお話しでした。

 平成2712月に面談し、過去の病歴を聞く限りでは、前駆症状は退職後の自律神経失調しかありませんでした。

 しかし職歴を聞くうちに、平成194月に勤務していたタクシー会社の営業所でよくウタタ寝をしていた際に同僚から呼吸が止まっていると指摘を受け、睡眠時無呼吸症候群の検査を受け、自宅に簡易呼吸補助器(CPAP)を借り、平成198月に退職したとのことでした。

 平成282月に(車椅子でないと障害年金は貰えないと判断した)主治医に、睡眠時無呼吸症候群を初診とした障害年金の診断書作成を依頼したところ、快く引き受けて頂き、同年2月に障害厚生年金の事後重症として請求し、同年5月に障害厚生年金2級と認定されました。

 当初のお話しでは、障害年金相談の半年後か1年後に車椅子生活になってから障害基礎年金で請求予定でしたが、在職時の初診を発見できたので、相談を受けてすぐに障害厚生年金を受給でき、予定していた障害基礎年金のほぼ倍額の障害年金となりました。

 

担当社労士 T.K(兵庫県)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)
※できるだけ固定電話でおかけください

講師派遣・セミナー・相談会

2019年11月21日

『東京都大田区保健所』さまからご依頼を受け、統合失調症患者のご家族に向けてセミナーを行いました

2019年10月26日

『秋田県知的障害児者サポート協会』さまからご依頼を受け、これから障害年金を請求する方を対象として、セミナー及び個別相談会を行いました。

勉強会を行う男性社労士の写真
2019年10月19日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、

イベント「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

2019年10月17日

『特定非営利活動法人 吉野コスモス会』さまからご依頼を受け、職員の皆さまと障害者のご家族に向けた勉強会を行いました。

勉強会を行う男性社労士の写真
2019年9月20日

『千葉県済生会習志野病院』さまからご依頼を受け、医師事務作業補助者等の皆さまに向けた勉強会を行いました。