相談累計  88,356 (2021年9月17日現在)

固定電話からは  0120956119       

携帯電話からは 0570028115 (通話料有料)

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

 固定電話からは 0120956119                      

携帯電話からは 0570028115  (通話料有料)

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例69:30年以上前の初診日 諦めない気持ちが障害年金の受給を引き寄せた
(てんかん・器質性精神障害)

傷病名  てんかん・器質性精神障害
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  51歳・女性

障害年金支援ネットワークへの相談に至った経緯

 10代の頃から週に1回以上てんかん発作に見舞われてきた方(S様)の配偶者様が当団体をネット検索で知り、社労士の紹介を依頼されました。

 S様は以前から「障害年金の対象になるのでは?」と考え、役所に相談にも行かれていましたが、そこでの回答はあいまいで、病状も重い中でなかなか手続きに着手できないでいたところ、ご相談に至ったのです。

初診日が特定できない…

 まず初診日の医療機関を探すことから始めました。

 S様は障害特性から記憶を保持することが困難で、当時の記憶はあいまいでした。医療機関の記録をたどっていくと、当初「初診」と考えていた病院よりも前、20歳前に初診があるだろうということが分かりました。

 しかしその病院は30年近く前に閉院しており、その後受診した医療機関にも初診日は明確に記録されておらず、いきなり困難に突き当たりました。保健所から教えてもらった閉院した初診日病院の院長の名前をネット検索してみたところ、元院長は、ある団体の役員になっていることが分かりました。

 そこで、その団体の事務局経由で元院長に手紙を出し、初診日の証言(第三者証明)を依頼しました。しかし「当時の記録は残っておらず証言はできない」という回答が返ってきました。

 そのため、S様やご家族様に再度記憶をたどっていただき、自身の学生時代の友人とお母様の友人にコンタクトを取り、第三者証明の作成を引き受けていただくところまでこぎつけました。お二人とも懸命に思い出して証言してくださったものの、30年以上前のことになるため「初診は●年頃」という幅のある証言であったため、果たしてこれで初診日が認定されるのか自信を持つことはできずにいました。

諦めない気持ちが受給を引き寄せた

 S様は長く障害に苦しみ、家事や育児が十分にできていないとご自身を責めながら暮らしてこられたと感じていました。仮に障害年金が受給できない結果になった時にはさらに気持ちが挫けてしまうのではないか… 私はそれが心配で、S様に正直な見込みを伝えたうえで、このまま年金請求を行うか最終確認をしました。S様から返ってきた答えは「やれることは全てやってみて、それでもだめなら諦めます」という、これまでのS様の印象とは違う力強いものでした。

 そして待つこと約3か月。S様に年金証書が届きました。20歳前の初診日が認定されたのです。

 長期にわたり症状とそれによる社会的・心理的影響に苦しんでこられた方に年金を受給してもらうことができた喜びは本当に大きなものでした。この結果を引き寄せたのは、間違いなくS様の諦めない心、勇気だと思います。

 障害年金の請求において「初診日」の証明には大きな困難が伴う場合がありますが、多くの方が温かく協力してくださるということ、そし諦めない心が大切だと実感した事例です。

担当社労士 N.Y(東京都)

一人で悩まず ご相談ください

固定電話からは
0120956119

携帯電話からは
0570028115 (通話料有料)

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)

講師派遣・セミナー・相談会

2021年8月26日

NPO法人 Flat・きた』さまからご依頼を受け、大阪府東淀川区の相談支援専門員の皆さまに向けて、オンラインで勉強会を行いました。

2021年8月17日

『シャローム港南』さまからご依頼を受け、就労継続支援B型事業所の利用者さまに向けて、オンラインでセミナー・個別相談会を行いました。

2021年6月9日

『日野市社会福祉協議会』さまからご依頼を受け、日野市障害福祉サービス事業所の職員さまに向けて、オンラインで勉強会を行いました。

2021年5月18日

『特定非営利活動法人 さざなみ会』さまからご依頼を受け、職員の皆さまに向けて、勉強会を行いました。

2021年3月21日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

北九州中央高等学園で講演する会員の写真