相談累計  65,640 (2019年8月9日現在)

できるだけ固定電話でおかけください

✆ 0120-956-119

受付
月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)
休日
日曜日・祝日

できるだけ固定電話でおかけください

0120ー956ー119

受付:月~土曜日 10~16時(12~13時を除く)

事例47:最後まであきらめるな!
(統合失調症)

傷病名  統合失調症
年金の種類  障害基礎年金
等級  2級
請求方法  事後重症請求
年齢・性別  39歳・女性

 請求者R子さんは、中学生の頃から体の具合が悪いと言っては学校を早退したり、欠席を繰り返したりしていました。また、喜怒哀楽が激しかったようです。

 16歳頃よりパニック障害、広場恐怖、対人恐怖が現れ始めました。心理的に追い詰められるような状態が続き、次第に自殺願望が芽生えてきました。考え事の整理ができず、日に日に胃の辺りが痛くなってきたため、近くの胃腸科・内科クリニックを受診しました。胃カメラでの検査をしたところ、異常はなく医師から「ストレスからくるもの」であると言われました。

 次に受診の医療機関は、現在廃業。精神的に病んでいても頭痛などで通院していました。頭痛薬などを服用して、精神的苦しみを誤魔化していました。友人からは、度々行動がおかしいと指摘され、決心して心療内科を受診しました。

 医師の対応に、精神科に行くのが怖くなり、1度だけの受診でした。その後、現在の医療機関を受診中にインターネットで障害年金支援ネットワークのホームページを見つけました。

 20歳前障害の「受診状況等証明書」が取れないため、医療機関での終診の証明とアルバイト先店主及び友人からの「第三者証明の申立書」を添付して年金請求を行いました。しかし、初診の証明が出来ないとのことで不支給となりました。

 強い信念のもと審査請求を行ったところ、口頭陳述の機会を与えられ、御主人さん介添えのもと当時「なぜ胃腸科に行ったのか?」についてメモ書きをもとに自分の初診日の事実を訴え、代理人社労士は、精神障害者保健福祉手帳の診断書取得時の医師の記載事項を詳細に話しました。

 約1ヶ月後、審査請求は、容認されました。最後まであきらめない気持ちが、結果よしとなりました。

 年金請求書提出日から受給まで1年7ヶ月も経過した長い道のりでした。

 

担当社労士 Y.K(埼玉県)

一人で悩まず ご相談ください

0120-956-119

 月~土曜日  (日祝は休み)
 10~16時 (12~13時を除く)
※できるだけ固定電話でおかけください

講師派遣・セミナー・相談会

2019年3月24日

『株式会社朝日エージェンシー』さまからご依頼を受け、

イベント「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」へ障害年金の相談員を派遣し、ブースで無料相談を行いました。

2019年2月27日
茨城県つくば市の『ごきげんファーム茎崎』さまからご依頼を受け、職員と利用者の方々に向けたセミナーを行いました。
勉強会を行う女性社労士の写真
2019年2月2日
『宮城県立気仙沼支援学校』さまからご依頼を受け、保護者の皆さまに向けてセミナーと個別相談会を行いました。
2019年1月29日
『奈良県障害者社会参加推進センター』さまからご依頼を受け、障害者及びその家族の皆さまに向けて講演を行いました。
講演を行う男性社労士の写真
2018年12月26日
『NPO法人杉並福助会』さまからご依頼を受け、精神障害者の就労支援活動をされている同法人スタッフの皆さまに向けて勉強会を行いました。